オーディオルーム
HOME >> オーディオルーム
音響用天井材・壁材によるしっかりした音響設計で、良好な音環境が実現します。
吸音ウールと遮音パネルで音漏れを低減し音響用壁材で音の響きをコントロール。

こだわりのオーディオルームには、音の振動を抑え機密を保つ防音ドアが最適です。
本格的なオーディオルームにするためには、遮音マットによる床の防音も重要です。



1に遮音、2に吸音、3に音響コントロール

一般に、防音と遮音は同じ意味に使われ、音を通さないことが防音だと考えられています。
しかし、実際の生活の場では、これではかえって不都合です。遮音だけを高めると、部屋中に音がびんびん響いてしまい、長時間そんな部屋にいると生理的な苦痛を感じるようになります。
快適な住まいづくりのための防音は、音を遮音するだけではなく、音のクッションの役目を果たす吸音性能とのバランスが大切です。吸音は、音の反射と合わせ、残響時間のコントロールに欠かせない性能なのです。

住まいの音響 ワンポイントアドバイス

音響設計の基本は、室内に音の焦点(音圧の極端に高い部分)や死点(音圧の極端に低い部分)をつくらないこと。そうすれば、フラッターエコー(不自然な音の響き)やブーミング(室内共鳴)現象を防ぎ、良好な音場を効果的につくりだすことができます。


1.天井

ページトップへ

3.ドア

ページトップへ

製品情報

ページトップへ

施工の流れ

  • 1.壁内断熱材
  • 2.遮音ボード
  • 3.遮音ボードの裏側

ページトップへ

施工事例

天井

天井の施工順番
① 断熱材 ② 遮音ボード ③ 遮音パネル

遮音ボード+遮音パネル 天井仕上げ材

ドア

防音ドア 防音ドアの厚み

室内

部屋にオーディオを設置

ページトップへ

  • お客様の声
  • お客様の声
  • オーディオルーム
  • 新築事業のご案内
  • オール電化のおすすめ
  • リフォームカフェ
会社案内・住所

〒246-0014
神奈川県横浜市瀬谷区中央25-9

電話番号・FAX番号お問い合わせ会社概要・詳細
Copyright(C)2011 水まわりのリフォームなら黒沼建設 All rights reserved.