新築事業のご案内
HOME >> 新築事業のご案内

マイホーム

マイホーム画像

日常生活を快適にするため、日当たりや風通し、プライバシーなど、マイホームの構想を考える時、お客様によって重点を置いている部分が異なると思います。

今後の住まいに必要なものを一緒に考え、それをカタチとして生み出していきます。
周辺環境や敷地条件なども考慮し、世界にひとつだけの夢のマイホームをご提案致します。

やすらぎと安心を与える快適空間をお造り致します。


自然素材

木目画像

自然素材は人にも環境にも優しいエコ素材です。

無垢材は、木の質感と存在感を充分に生かした素材です。
塗料や接着剤を使用していないので、健康を考える上で非常に優れた木材です。

漆喰は、古くから日本の住宅造りに用いられてきた素材で、自然素材の独特な風合いと質感に加えて、ホルムアルデヒド吸着分解性や吸放湿性など、種々の優れた機能を備えています。


ウインウッド工法

ウインウッド工法画像

家の骨組みとなる木材は、すべて高強度な構造用集成材を使用し、接合部は精度の高い専用の金物でジョイントしてあります。

構造計算等の信頼の裏づけも整備され、日本の気候風土にも相性の良い進化した木造軸組みです。


ウインウッド工法の3つのポイント

強い「骨」=木材

木材画像

木材は

1.よく乾燥されていること。

2.強度があること。

3.寸法が安定している事が大切です。

それらを満たす強い骨が構造用集製剤です。


強い「関節」=接合部

接合部画像

骨組みの接合部は、地震や風、建物の重さや耐力壁を支えます。人間の体に例えるとまさに「関節」。
強い骨どうしをつなぐ要なのです。安全な接合部を設計するためには、「強度が明確に」という事も重要です。
ウインウッドの接合部はすべての強度が強くて明確だから「丈夫な家」をつくれるのです。


バランスの良い「筋肉」=耐力壁

耐力壁画像

地震や台風に耐える「耐力壁」の場所を建物全体に均一に配置しないと、地震等の力は弱い部分に集中してはたらきます。
建物はその弱い部分から倒壊します。
均一に配置する事でバランスよく地震等の力を建物全体で受けることができます。


  • お客様の声
  • オーディオルーム
  • 新築事業のご案内
  • オール電化のおすすめ
  • リフォームカフェ
会社案内・住所

〒246-0014
神奈川県横浜市瀬谷区中央25-9

電話番号・FAX番号お問い合わせ会社概要・詳細
Copyright(C)2011 水まわりのリフォームなら黒沼建設 All rights reserved.